注文のコツ

喪中印刷や年賀状など、今や格安で注文できるようになってきています。
ネットプリントの普及によって、そのコスト削減の恩恵によって利用できるわけです。
これまでは年賀状や喪中印刷といったものは、有る程度の枚数を注文しないとコストがかかるために料金は割高だったものですが、今はそのコストも大きく下がり、また印刷技術の向上もあって、格安で依頼を受けているところが多くなりました。
また、データの持ち込みもこれまでのように直接印刷会社に出向く必要はなく、ネット上で入稿が可能となっているので、手間が省けると同時にスピーディな対応が可能となって、納期が劇的に短縮されています。 (more…)

喪中印刷について

正月を迎える際に準備するのが年賀状ですが、年内に近親者が亡くなってしまった場合には、年賀状のやり取りを控えるのが一般的です。
そのときに、年賀状を送る予定だった相手や、送られてくる可能性のある相手に対して、自分が喪中であることを知らせるために、喪中はがきを送ります。
喪中はがきは、大量になることが多いものです。
ですので、たいていは年賀状に喪中印刷を行い、送ります。
ですが、印刷するといっても、大変な手間になってしまいますので、年賀状への喪中印刷を代行してくれる業者を活用すると、効率がよくなります。
喪中はがきを印刷してくれる業者は、一般的に枚数が多くなればなるほど、一枚あたりの価格は安くなりますので、一括して注文すると格安で行ってもらえます。 (more…)

喪中ハガキの注意点

「親族に不幸があり、今年の年賀状は喪中だ」という場合、喪中はがきを用意せねばなりません。
この喪中はがきにおける注意点を以下に紹介します。
まず、「時期を逃さない」こと。
喪中はがきは10月下旬から12月中旬までに投函すべきです。
それまでに喪中印刷のはがきが仕上がるよう準備を進める必要があります。
もし大量に出す必要がある場合は、事前に喪中印刷を請け負う業者を選定し、格安で用意できる手配をしておくと良いでしょう。
格安であれ、マナーをおさえている業者であれば、失礼なはがきにはなりません。
制作事例(デザインパターン)を公開しているところは安心できるでしょう。 (more…)